帽子のデザインはどうやって決まる?

帽子のデザインは一から考えられる物もありますが
殆どの場合はある程度決められた帽子の型に沿ってデザインが練られていきます。
運動的な帽子を製造するならばキャップ、大人びた物ならばハット系というように
用途に応じた方向性を決定していくのが帽子のデザインを決める上では重要な事です。

それが決まると次は着用者の性別の想定。
フィット感の良さも帽子の扱いやすさに繋がるので身に着ける人間の性別やそれに伴う頭の大きさを
視野に入れなければいけません。

そして、最後には行うのは帽子の顔とも言える装飾。
デザインもそうですが装飾を縫うのか、それともプリントととして印刷するのか、
それだけでも生産方法とコストがかなり違ってきます。

販売をするならば利益を出すための工夫も合わせて考える必要が出てくるでしょう。
もちろん、ここでは試作品を作り実際に各衣類と合わせた、見映えのチェックも行います。

帽子はコーデのメイン要素になりにくいアイテムですが
実はこれだけの考えを持ってデザインや作りが決められているんです。
帽子を購入する際は、どういった過程を経て商品として売りに出されているのか
思いを巡らせてみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です