色が薄い衣類の扱い方を紹介します。

色が薄い衣類を着るとあまり映えなくて扱いづらい、と感じことはありませんか。
この問題、実はちょっとした工夫を加えるだけでその個性をしっかり出すことが出来るんです。
今回はそうした、色が薄い衣類の扱い方について紹介していきます。

色が薄い衣類の扱い方としては、あまりカラフルな色合いのアイテムと組み合わせないことがポイント。
色が薄いことから繊細さや落ち着きが感じられやすいアイテムと言えるので、そこに激しい色合いを加えてしまうと
全体的にチグハグな印象になってしまいます。

出来る限り、薄い色合いのアイテムは似た性質のアイテム同士で組み合わせ、柔らかい雰囲気を作り上げると
良いでしょう。
もちろんメリハリは必要なので全体を引き締めるためにも
黒色系のボトムス、タイツ、ベルトなどと組み合わせたい所です。

また、こうした色が薄い、落ち着いたカラーはアクセサリーに焦点を当てるコーデにもピッタリ。
派手な色合いのコーデの時よりもアクセサリー1つ1つに目が向きやすく、個性を発揮させやすいです。
是非、色が薄いアイテムを用いるときはアクセサリーの使用を検討してみてください。

紹介したように色が薄いからこそ、出来る工夫も多いです。
それぞれのアイテムの個性を引き出して魅力あるファッションにしていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です